画像で紹介!タトゥー除去体験談

完全にタトゥー除去が完了するまでの過程を画像でレポート

タトゥー除去のビフォーアフター画像を公開!

勢いや見た目のかっこよさでタトゥーを入れたものの、タトゥーを消したくなったり、消さなければならない事情ができてしまった人のために、自分のタトゥー除去の体験談を画像を交えながら紹介したいと思う。

レーザー治療の過程と結果

タトゥーを除去する方法はいくつかあるが、自分のタトゥーは、かなり大きかったので、傷跡が目立たないレーザー治療を受けることにした。

レーザー治療は、黒や紺などの色に反応するレーザーをタトゥーが入っている部分に当てて、色素を分解して体の外へ排出するという仕組みらしい。大きなタトゥーでも傷跡を残さずに除去できるし、薄いものなら1回の治療で目立たなくなることもあるそうだ。

治療前から順を追って画像を並べてみた。【1】から【6】まで約9ヶ月。ビフォーアフターの違いを見て欲しい!

【1】治療前  【2】1回目のレーザー照射後 【3】1回目の照射から1ヵ月後
     
【6】8回目の照射から1ヵ月後 【5】4回目の照射から1ヵ月後 【4】 2回目の照射から1ヵ月後
     

自分がタトゥー除去のレーザー治療を受けたのは表参道スキンクリニック

レーザー治療の場合、普通は3ヶ月に1回のペースで治療を行なうらしいのだが、このクリニックは、1ヶ月に1回のペースで治療を受けることができるのが特徴。

普通なら2年以上かかるところを、自分は10ヶ月ほどで治療を終えることができた。早く、きれいにタトゥーを消すことができて、このクリニックに決めてとてもよかったと思っている。

レーザー照射は、1回目、2回目の治療では、それぞれ40分くらい。【5】【6】の頃には20分くらいで済んだ。

痛みがあるのではないかと心配したが、痛みはほとんどなかった。治療の翌日は、少し出血したり赤く腫れたりすることもあったが、2日後くらいから徐々に引いていって、日常生活にも支障はなし。

タトゥーについて、これまで何も言わなかった妻だが、タトゥーを消すことに全面的に協力してくれた。レーザー治療の後、消炎剤のクリームを毎日塗ってくれたのもありがたかった。

とにかく、治療を受けるたびにタトゥーがどんどん薄く目立たなくなっていくのが実感できたので、治療に行くのが楽しみでしかたなかった。

結果は、ヘタな文章を並べるよりも、画像を見ていただければ一目瞭然だと思う。

傷跡を残さずタトゥーを消したいと思っている人にはレーザー治療が、さらに早く消したいならば表参道スキンクリニックがおすすめだ。

 

除去治療のきっかけ 「子どものためにタトゥーを消したい!」

自分がタトゥーを入れたのは18歳のとき。当時好きだったミュージシャンが入れていたタトゥーがかっこよくて、自分も入れてみたいと思った。髪を染めたりピアスを開けたりするのと同じような感覚だった。
親には嫌な顔をされたが、自分としては大満足だっ た。

当時、付き合っていた妻も何も言わなかったが、結婚して子どもが生まれたのをきっかけに、タトゥーについて考えるようになった。

プールや公共の温泉施設では、タトゥーをしていると入れないところがたくさんある。子どもが大きくなれば、プールや温泉に行くこともあるだろう。

自分のタトゥーが原因で子どもを連れて行けないのもイヤだったし、タトゥーを入れていることで、子どもが友だちに何か言われたりするのもイヤだと思い、除去治療の決意をした。

今では傷跡もタトゥーの跡もわからないくらいきれいになり、妻もとても喜んでくれたのがうれしかった。

 
画像で紹介!タトゥー除去体験談